感情的にならない

夫の携帯に見知らぬ女性の着信があったり、妻が外出する機会が多くなったりと、浮気と思われる行動が目に付くようになったとき、どう行動するかで今後の状況が大きく変わります。
仮に個人で浮気調査を行った際、情報の集め方に問題があると、裁判でも浮気の証明がされるものではないと判断され、想定していた慰謝料を請求できなくなったり、逆にプライバシーの侵害などで訴訟を受ける可能性もゼロではありません。そうした事態を防ぐためにも、とにかく感情的に行動しないように気をつけましょう。

浮気調査を行う際は、感情的に行動せず、まずは落ち着くことを第一に考えましょう。感情的に動いてしまうと、こちらが不利になる材料を相手に作ることになるので、まずは気の許せる相手に相談してみてください。少なくとも相手とかかわりが少ない相手に相談したほうが、情報が漏れる心配もなく安心できます。そうした方画いないときは、興信所などの専門家に連絡すれば、どう動けば良いのか指導してくれます。

気持ちを落ち着かせたら、どのように証拠を集めればよいのか考えてみましょう。基本的に浮気の証明のためには、明確に異性と接触し、肉体関係があると判断できる写真などが必要となるので、それらを撮影するために、尾行を行ったり、監視カメラなどで撮影する必要が求められます。自分で尾行したり、機材を用意することもできなくもありませんが、素人の尾行だとばれる可能性もありますし、費用もそれなりにかかってしまうので、やはり専門家に依頼したほうが、確実に情報を集めることが出来ます。

Pocket